INTERVIEWインタビュー

2023年
5月中途入社
管理本部 法務部
飯沼 美友

Home > インタビュー > 飯沼 美友

転職活動をしていた際は、「自分が何をしたいのか」と「自分がどんな環境で働くべきか」の2軸について深く考えていました。何をしたいかについては割とすぐにたどり着いたのですが、環境については、大手でもベンチャーでも働いたことがあり、どちらの良い点も悪い点も経験してきたので、最後まで悩んでいました。そして自分が一番求めているのは「成長できる環境だ」と思い、いま絶賛成長中のキャリアリンクであれば、組織と共に自分も成長できるのではと感じて入社を決めました。

キャリアリンク入社以前は、どちらかというと営業側の仕事をしていました。それはそれで楽しかったのですが、一生この仕事がしたいかと言われるとそうではない気がしていて、自分のキャリアが見えなくなっていました。それから転職を考え始め、学生時代から今までを振り返って本当に何がやりたいかを考えた際に、組織の向上や人の成長、チームの成長に面白味を感じていたよなと気づきました。

そこから、組織設計や教育等に興味を持ち始めたのですが、例えばいきなり未経験で企業の人事などに入社したとして、その会社のことを何にも知らないのに貢献できるのか?という不安もあって。そう思っていたところに「管理本部でジョブローテーションした後に本配属で本部内の企画系業務に携わる」といったキャリアリンクの求人を見て、これだ!と思いました。

とにかく「優しくて良い人」が多い会社だなと感じています。社内のルールやシステムの使い方等で、わからないことを部署内も他部署の方に聞く際も、皆さんとても優しくしかも丁寧に教えてくださるので安心します。

あと、社員教育に力を入れているのも特徴だと思います。入社初期の研修で終わるのではなく、法令等に関する毎月の確認テストや資格支援制度の用意など、インプットに加えて定着の仕組みがあるのは、魅力的だしなかなかないのでは?と思っています。私もこの資格取得支援制度を利用して、既に2つの資格を取得しました!

初期配属としてまずは会社のことを知るために、と法務部に配属されました。契約書のリーガルチェックやトラブルが発生した案件の調査、派遣事業の許可更新に関する業務、社員からの法的相談対応など、幅広く携わらせてもらっています。

面白いなと思うのは、現場などで事案が発生した際にまず法務に相談や対応要請がくるので、社内の良い情報も悪い情報も入ってくることです。正直入社して初の配属が法務部と聞いた際には「なぜ法務?」と思ったのですが、実際に業務をしてみて、確かに会社の中身を知るには一番いいかもと思いました。
また、派遣事業の許可更新をした際、資料を集めたり関係各所とやり取りしたり、結構大変だったのですが、「これができないと会社の事業が続けられない!」という良いプレッシャーがあって、重要な業務をやらせてもらっているんだな、とやりがいと達成感を感じました。

それから、中途入社社員向けの法令に関する短時間の研修や、部内に新しく導入したAIツールの導入~運用も担当しています。自分は「こうした方が良いのでは?」と思ったことを反映させてみたくなるタイプなので、伝わりやすいように研修のスライドを作り直したり、ツールを無事導入させるために社内稟議書をめちゃくちゃ考えて作成したりと、試行錯誤できているのがありがたいし、楽しいなと感じています。
次の配属は人事部人事企画課の予定なので、法務部で得た知識や情報、経験を活かして、少しでも貢献していきたいと思っています。

マネジメントを経験したいとずっと思っているので、まずは部下をもって働くことを第一目標としています。自分のチームを持つことは組織づくりの第一歩だと思っています。
あとは、小さいことからでよいので組織や仕組みの変革がしたいです。現在担当させてもらっている、部内の新たなツール導入はまさにそれで、これから運用していく段階ですが、これが定着したら業務効率の改善や根本からの課題解決に繋がるのではと思っていて、浸透させるのを楽しみに思っています。

今の時代、個人も組織も「変化に対応できる人」が強いと思っているので、これからもっと多くの「良い変化」を追い求めて、組織と共に成長していきたいと思っています。

Prev
Next