INTERVIEWインタビュー

2021年
4月入社
営業本部 人材開発部
キャリアコーディネート課
田淵 瑞季

Home > インタビュー > 田淵 瑞季

学生時代から「人の転機に関わる仕事をしたい」と思っていました。就職活動では、人材業界に強い関心を持っており、その中でも人材紹介・人材派遣に焦点を当てていました。
入社前は、派遣スタッフの方と関わる仕事や営業職をイメージしていましたが、配属されたのは新規に立ち上がった「営業企画部」でした。想像していたことをひっくり返されたなと思う反面、とても楽しみでした。

主担当として手掛けているのが、「営業部内での成功事例をナレッジとして収集して水平展開する企画業務」「社内表彰制度の運用」です。
具体的には、営業活動やBPOセンターの業務運用の成功事例をヒアリングして集め、月1回開催するオンライン研修に営業担当の方に講師として登壇していただき、自ら成功事例を語っていただく他、私自身がそれぞれの事例を分析した結果として、成功要因や学びを深堀りした内容をプレゼンするような活動です。
事例を通して成功のコツが見えてくる上に、社内コミュニケーションも活性化しますので、モチベーション向上に大きく繋がります。
こういった社内施策に自ら積極的に関わっていくことに価値を感じています。

初対面の数十人の先輩方の前で話すわけですから、最初はやはり緊張しました。回を重ねるごとに、もっとしっかり準備して臨もうと思い、更に内容を濃く深堀りして話せるように、何ができるかを常に考え続けています。

社内表彰制度については、メイン担当として行っています。頑張った社員にフォーカスを当て士気向上につながる社内表彰制度ですが、様々な課題があり、解決方法を模索しています。
出来たばかりの新しい部署のため、過去の実績や決まったルールにしばられることがないため、良くないと思ったところはすぐに改善の提案ができるところにやりがいを感じています。

コロナ禍に直撃された就職活動でした。
緊急事態宣言が発令される前に対面で開催された説明会を受けたとき、事業内容はもちろんですが、その説明会や人事の方が魅力的だったことが、キャリアリンクへ入社の決め手となりました。
特に面接で役員の方と打ち解けることができたことを一つの縁と感じました。面接で「周りの人からはどのような人だと言われますか?」という質問に対し、「ネタキャラと言うか、いじられキャラです」と答えると、「普段の田渕さんをもっと知りたい」と言われたことがすごく印象的でした。私自身にとても興味を持ってくれているんだなと感じましたし、場の空気が和み、より自分らしく会話出来ました。

学生時代はアルバイトで塾講師をしていました。生徒が固定ではなかったことと、小学校低学年〜高校3年生まで幅広く見ていたので、人によってどういう対応をすべきか、ということは常に考えていました。
この経験が非常に重要だったと日々の業務で感じています。たとえば、営業企画の仕事をしつつも、ヘルプでスタッフ管理をするようなこともあるので、そうしたときに人との関わり方について考えた学生時代のことを思い返して、ベストな対応ができるようにと心がけています。

キャリアリンクは人間関係がとても良く、社内の空気が本当に良いなと感じます。私は、仕事をする上で最も大事なのは人間関係だと思っているので、一番の魅力はそこだと思いますね。
わからないことがあれば誰でも優しく教えてくれますし、的確に指導していただけるんです。風通しがよく人間関係が良いからと言っても、お互い言うべきことは言って切磋琢磨し、共に成長していこうという雰囲気を感じます。
何か提案をすると、すぐに意見を聞いてもらえる柔軟性があるのも魅力です。固定的なやり方にとらわれず、少しでも改善の余地があれば新しい内容にチャレンジすることが多いように感じます。新卒の私の発言であっても、「新しい視点」として積極的に聞いていただけます。

他の部署に配属された同期の人たちと比べると、より多くの部署の方々とお話をする機会があり、営業部内の全体を俯瞰して見る立場であるため、全体の流れを知ることができます。
会社の売上、利益に直結する仕事も増え、上司から「あなたの行動によって会社の売上、利益が変わる」という言葉がとても響きました。
それに、新しい部署ということもあって様々な企画を生み出していく必要があります。新卒だからこそ出せるフレッシュな風を吹き込んでいきたいと思っています。

Prev
Next